SSブログ






前の3件 | -

デリカD:5の尿素水(アドブルー)は何万㎞で補給する? [デリカD5]

実際は2万kmを超えても補給いらず!


我が2019年式デリカD5の走行距離は2万kmオーバー。

IMG_7160.jpg

納車時に1万5000kmでディーゼルエンジンが排出する窒素酸化物(NOx)を浄化するため、
尿素水(アドブルー)を補給しなければならないと言われていた。
しないまま走るとエンジンが止まってしまうそうだ。
しかし、その1万5000kmはあくまで目安で、
実際には補給する2000km手前で警告表示が出るらしい。

ところが我がデリカD5は1万5000kmを超えてもその表示が出なかった。
メーカーに問い合わせると
「個体差があるので表示が出るまで走ってOK」
とのこと。

そんなこんなで今となっては2万kmオーバー。
「尿素量のセンサーが壊れてるんじゃないの?」
と疑いさえしたが、
ナビの地図更新の件で車体をディーラーに持ち込んだところ、
新事実が判明。

なんとコンピューターをちょいちょいといじれば、
尿素水の残量が分かるそうだ。

これは営業担当も知らなかった様子。

我がデリカD5の尿素水残量は22.29%。
あと約7496km走れるらしい。

と、いうことは約2万8000kmで補給することになる。
覚悟していた倍の走行距離。

燃費もコンスタントに13km/Lを超えているし、
意外にいいぞ、D5!



★カーナビもタイヤも安い! カー用品売れ筋ランキングはコチラ!★



スポンサードリンク



椎名前太ホームページ 『あなたの心から納得する家』が簡単にわかる! http://www.zenta1.com/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

デリカD:5の純正ナビ2020年版地図データ更新、9回チャレンジしてやっと成功!(後編) [ミニバン]

なぜか外付けハードディスクが邪魔をしていた?!


ナビ更新作業をすでに5回失敗。

これまでの流れはこちら↓



午前11時にディーラーへデリカD5を預けた。

受け取り予定は翌日の午後4時。


だが、当日の午後4時頃になるとそわそわ……。

リコール系の作業は1時間ほどで終わるそうだ。

なので現在はとっくにナビの更新作業に入っているはず。

スムーズにいけば2時間もあれば終わるだろう。


「もう最新地図になっているかも??」


我慢できずに電話をしてみた。



「どんな様子でしょう?」


担当者

「いやぁ~、まだダウンロード中なんですよ。

もう4時間もやっています」



「へっ⁈

私の場合は30分くらいで終わりましたけど」


担当者

「椎名さんはウィンドウズ10をお使いですよね。

こちらはウィンドウズ7なんです。

もちろんウィンドウズ10のパソコンもあるのですが、

そちらはメーカー(三菱)とつながっているので、

決められた作業にしか使えないんですよ。

でも、去年も同じパソコンで成功しているので大丈夫だと思います。

とにかく明日の午前には結果をお知らせしますので待っていてください」


ウウウウ、ウィンドウズ7⁈


ウィンドウズ8の発売が2012年だから、

8年以上前のマシンではないか。


でも、去年成功しているなら本当に大丈夫かもしれない。

大きな不安を抱きつつ電話を切った。


そして翌日の11時頃、スマホに着信があった。


担当者

「椎名さん、残念です。

きのうの夜にダウンロードが終わって、SDカードをナビ本体に入れたら、

普通に再起動して更新はされず(6回目)。

試しに今朝もダウンロードし直してやってみましたが、

結果は同じでした(7回目)」


そこまでしてもダメならSDカードに問題があるのかもしれない。

丁寧にお礼を伝え、午後にクルマを取りに行くことにした。


もうどうすることもできないのか?

本当にナビ本体をメーカーに送る方法しかないのか?

ナビの更新とはそれほど大変なことなのか?


もうヤケクソな気持ちで三菱自動車に電話をかけた。

最初、オペレーターの女性が出る。

事の顛末をすべて説明する。



「~ということです。そちらでどうすることもできないと思いますが、

とにかく電話をしてみました」


すると

「ダウンロードの方法などを調べてから折り返し電話をする」

とのこと。


そして1時間後、三菱自動車の男性から電話がかかってきた。


三菱担当者

「私もナビの専門家ではないのでクラリオンのサイトを調べました。

申し訳ありませんが再度確認させてください。

お客様は~~~(ナビ更新の手順すべて)を行ったわけですよね?」


私は「すべておっしゃるとおりにやりました」と答えた。


すると

「念のためお客様のパソコンの機種名とSDカードの品番を教えていただけますか」

というので、伝えると、再度電話をするといって切った。


30分後、電話がかかってくる。

三菱担当者

「お客様のパソコン環境を調べましたが、

問題ないようです。

ただ、内蔵ストレージがハードディスクではなくてSSDですね。

外付けのストレージは使用していませんか?」


確かにSSDでは容量が足りないので外付けのハードディスクを付けている。


「あくまで念のためですが、ハードディスクを外してやってみたらいかがでしょう?

あとはSDカードではなくUSBメモリーにするかですね。

すみませんが私どもではそれくらいしかご提案できません」


いやいや、守備範囲ではないのに、そこまで調べてくれれば十分でしょ。

最近の三菱自動車の電話サポートは、トヨタ↓より丁寧だ。



確かにダウンロードした圧縮ファイルを解凍する際に一瞬

「TurboPC EX(ハードディスクに関連したソフト)がどうのこうの」

といった表示が出ていた気がする。


ならばディーラーからクルマを取ってきたら、

まずハードディスクを外して、

それでもダメならUSBメモリーではなく、

SDカードを買い直して挑戦をしてみよう。


そして翌日にディーラーへ行くと、なんと再度チャレンジをしてくれていた。

もう少しでダウンロードが終了するという。

何とディーラーは3回もチャレンジしてくれていたのだ。


しばらく外で散歩をして帰ってくると、

ちょうどSDカードをナビ本体に挿入するところだった(8回目)。


私はコロナ防止のためクルマのドアを開けた外から見守る。

「地図更新」

   ↓

「再起動します」

   ↓

 「OK」

   ↓

「画面が消える」


ここまではいつも同じ。


今度こそ……。

担当者と2人で真っ黒な画面を見つける。


「1秒、2秒、3秒、4秒、5秒、6秒……」

無意識に時間を数えていた。


そして大体2分くらいたったとき事態は動いた。


「地図更新を行います(正確には覚えていない)」


やった!

担当者と2メートル離れたガッツポーズ。


ところがだ……。

クラリオンのサイトによると地図更新には40分ほどかかる。

しかし、そのときは3分くらいでナビが再起動してしまった。


担当者と2人、目が点。

彼が恐る恐る地図データのバージョンを確認する。


画面に出た情報は

2019年バージョン……。


だが、本当にこのディーラーも三菱自動車もよくやってくれた。

もう思い残すことはない。

感謝申し上げます。

そう笑顔で伝えて帰路についた。


「どうせダメでしょ」

帰宅した私はやさぐれた気持ちでパソコンからハードディスクを外した。

そして慣れた手つきで9回目のダウンロード。

もう目をつぶっていてもできる。


そして

「どうせ無駄な努力でしょ」

と仏頂面でSDカードをナビ本体に入れた。

再起動開始。


時はゴールデンウィークど真ん中。

気温26度。

快晴。

クルマに入って1分で額に汗がにじみはじめた。


「ダメだ。どうせダメ。期待しても裏切られるだけ」

そう自分に言い聞かせながらも真っ黒なナビ画面から目が離せない。


すると何ということでしょう。

画面に

「地図更新を開始します」(正確には覚えていない)

の文字が!


「うわうわうわっ~!」


だが、ここまではディーラーでも経験済だ。

そのときの苦い気持ちを思い出し、

気を引き締めた。


「もう、あなたには騙されません。

振り回されません。

思わせぶりな態度はよしてください」


能面のような表情で真面を見つめる。

すると何ということでしょう。


画面上に横向きの棒グラフが出現し、

段々と右側に伸びていくではありませんか!


これは初体験。


「イケる! イっちゃうかもしれない!」


この時点ですでに10分近くが経過していた。

全身汗だくだく。


だが、外に出てドアを閉めると、

その振動で機嫌が悪くなるかも……。


そぉ~っとドアを開け、

そぉ~っとドアをやさしく押すように閉めた。

その時点で42%完了。


10分後、外からナビ画面をのぞく。

47%完了。


「遅くないか?!」


また裏切られるのか?

またか?

裏切られるボクがバカなのか?

ならば何を信じればいいんだ??


心臓がバクバクしながら仕事部屋に戻る。

執筆中の本の資料に目を通すが、

気がつくと同じ場所を何度も読んでいる。


「まだあれから10分しか経ってないぞ」

もう一人の自分がそう問い掛ける。

しかし足は駐車場へ。


ナビに気づかれないようにこっそりとのぞく。


そこにあった表示は……?



地図更新が完了しました

(正確には覚えていない)


うっうぉぉぉぉぉぉっ~~!


大丈夫か?

本当に成功しているのか??

地図データのバージョンを確認する。

IMG_7152.jpg


IMG_7153.jpg


間違いなく2020年バージョンに変更されている!


目頭を押さえながらユーチューブの筋トレに励む嫁に報告。

彼女もスクワット200回を終えた様子で、

ほっぺを真っ赤にして勝利をたたえてくれた。


一流の起業家かアスリートの誰かがが言っていた。


「成功は成功するまで努力するから実現するんです」


そのとおりだ。

諦めなければ負けは決定しない。

久しぶりに手ごたえのある大仕事だった。


でも、なんでハードディスクを外しただけで成功したんだろう?


それに、この後「プログラムアップデート」も試みたが、

「SDメモリーカードまたはUSBメモリーでアップデート」

を押しても

「OK」

と出るだけで、うんともすんとも反応がない。

IMG_7154.jpg


謎が多すぎだぞ、クラリオンさん。

※2020年5月11日、クラリオンへ電話したところ、
地図データを更新するとプログラムも自動でアップデートされる仕様になっているそうです。
ならばHPでちゃんと告知しましょう!




★カーナビもタイヤも安い! カー用品売れ筋ランキングはコチラ!★



スポンサードリンク



椎名前太ホームページ 『あなたの心から納得する家』が簡単にわかる! http://www.zenta1.com/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

デリカD:5の純正ナビ2020年版地図データ更新、9回チャレンジしてやっと成功!(前編) [ミニバン]

メーカーに相談してもお手上げの状態に……。

2020
4月27日、人生2度目の新車、デリカD:5が納車されて1年が経った。
その間、月に2回は300km前後離れた川や雪山へ出かけた。

コイツはまさに相棒。
直径20㎝前後の石がゴロゴロ転がる河原だろうが、
極寒の標高2000m近い路面ツルツルの林道だろうが、
ナイスサポートで目的地へと運んでくれる。


1.jpeg


走行距離は2kmを超えた。

購入したディーラーでは最長記録だそうだ。

IMG_7160.jpg

なので多少キズはガマン・ガマン。
IMG_7158.jpg
フロントバンパーは1度凹ませて交換(3万円+工賃)しているのに再度ガリガリに……。

そして2020423日、純正ナビのメーカー、クラリオンが地図データの更新↓を行った。
https://www.clarion.com/jp/ja/genuine/mitsubishi/info/2018/version-up/index.html


これは待ちに待ったこと。

週に2回は未開の地へ行くので、地図が古いと
「本当はここからショートカットできたのに。こんちきしょー!」

といったことが多々あるからだ。

時期はちょうどゴールデンウィーク。
しかも、こんちきしょーコロナのおかげでお出かけ不可。
時間はたっぷりある。
早速、更新作業を開始した。

ちなみに昨年の納車時は、すでにデータ更新がされていた。

だから「納車のタイミングでディーラーが更新作業もしてくれるでしょ」と思っていたが、
そんな気配りはなかった。
仕方がないので自分で行ったところ、

なぜか2回連続で失敗。
最新地図に大変こだわる当方としては非常に困惑。
そこで思いついたのが、ディーラーに持ち込みで取り付けをお願いしていたドライブレコーダーの配線(セキュリティー系)が1本忘れられていたので、この作業と同時に「あっ、ついでに!」と更新作業もやってもらう方法。
これが見事に成功した。

さて、クラリオンのホームページによると、更新の事前準備として必要なのは以下のもの。


・パソコン(ウィンドウズでもMACでも可)
SDカード(容量16GB以上・USBメモリーでも可)
・製品コード、シリアル番号、地図データバージョン、確認コード(ナビ本体の「設定」⇒「本体情報」⇒「製品情報」からメモをしておく)

SDカードはFAT32でフォーマットされているものだという。

また、ダウンロードに使用するインターネットのブラウザは、
マイクロソフトのEdgeでは不具合が生じやすいので、

旧タイプのインターネットエクスプローラー(IEか、
グーグルクローム、ファイヤーフォックスを使用する。


我が家のパソコンは仕事用(2階の仕事部屋)のウィンドウズ10とプライベート用のMAC1階のリビング)がある。
今回はMACを使用。
SD
カードは昨年ディーラーに渡したものがある。
それを30かけてFAT32でフォーマットする。
(待っている間に仕事をするが、「あと何分だろ?」と落ち着かない)

ツールの準備ができたら以下の作業を行う1回目)

1https://www.clarion.com/jp/ja/genuine/mitsubishi/info/2018/version-up/index.htmlから「プログラム更新/地図データ更新はこちらのボタン」をクリック。


2製品コード、シリアル番号、地図データバージョン、確認コードを入力し、検索ボタンをクリック。


3.画面右下に最新の地図データのファイル名が表示されるのでクリックしてデスクトップなどにダウンロード。30分くらいかかる。


4.圧縮ファイルがダウンロードされるのでダブルクリックで解凍。


5.解凍されたフォルダを開き、中の6つのファイルをSDカードにコピー。


6SDカードをナビ本体のスロットへ挿入。


7.「設定」⇒「本体情報」⇒「本体更新」⇒「地図更新」を押す。


IMG_7150.jpg

IMG_7151.jpg

IMG_7153-2.jpg


8.「地図更新を行うにはナビの再起動が必要です。再起動しますか?」といった表示が出るので「OK」を押す。

9
.画面が真っ暗になる。


通常はここで3分ぐらい待つと「地図更新を行います」といった表示が出る。
この地図更新には約40分、プログラム更新には約15分かかるらしい。
だが、今回は2分くらいで更新作業前と同じナビのメニュー画面が立ち上がってしまった。

「はて??」

もしかしてMACだと上手くいかないのか?


仕方がないので2階の仕事用パソコンまで行き、再度SDカードをフォーマット。


そして再度同じ作業を行い、ナビ本体にSDカードを挿入する2回目)


結果は、前回と同じようにナビのメニュー画面が立ち上がってしまった……。


「むむむっ!?」

そういえばSDカードをフォーマットする際に「クイックフォーマット」というところにチェックが入っていた。
それを外してみよう。

そして再度同じ作業を行い、ナビ本体にSDカードを挿入する3回目)


結果は、前回と同じようにナビのメニュー画面が立ち上がってしまった……。


「もういやだっ!」


 午前11時に作業を開始して、
この時点15時。
4
時間を費やしている。


このままでは時間の無駄だ。

大至急、クラリオンのお客様相談室に電話をかける。
「コロナ対策でやってないかなぁ?」

スマホから聞こえてきたのは、


「土・日・祝日はお休みです」

そっちかっ!

翌日(月曜日)の10時に電話をすると、すぐに担当者につながった。
それまでの経緯を細かく説明する。

担当者
「やり方は間違っていませんね。

ただ、フォルダの解凍はどうやって行っていますか?
7-Zip」(解凍ソフト)を使っている?

念のためダブルクリックで解凍してください。
あと、SDカードへのコピーは「ドラック&ドロップ」ではなく、

「コピー&ペースト」にしてみてください」


 これだけで成功するのだろうか?
疑いつつも再度SDカードをフォーマットし、
言われたとおりにやってみる4回目)


結果は、前回と同じようにナビのメニュー画面が立ち上がってしまった……。


この頃から

「もう一生今の地図のままでいいか」

「いやいや25万円もしたナビに妥協はできないでしょ」
の葛藤がはじまる。


若干の差で後者が勝ち、再びクラリオンへ電話をする。


担当者
「無理でしたか……。

では、インターネットのブラウザは何をお使いですか?
グーグルクローム?
念のためインターネットエクスプローラーをお使いください。
あと、解凍後のファイルサイズも必ず確認してください。

14,064,249,621Byteにピッタリ一致していなければダウンロードは失敗していることになります。
そうなっていたら再度やり直してください」


失敗したSDカードのファイルサイズを確認すると、
上記とピッタリ一致していた。
ならば失敗の原因として考えられるのは、
ブラウザの違いだけになる。
本当にIEに変更するだけで成功するのだろうか?


かなり疑いつつも再度SDカードをフォーマットし、
言われたとおりにやってみる5回目)
結果は、前回と同じようにナビのメニュー画面が立ち上がってしまった……。


この時点で12時。
もう2時間が経過している。

肩をガックリ落とし、再度電話をかける。


担当者
「で、できませんでしたか……。
そうなると大変申し訳ありませんが、
もうこちらからご案内することはありません。
本当に申し訳ありませんが、
ディーラーにクルマを持ち込んでいただいてナビを取り外し、
SDカードと一緒にディーラーから弊社へお送りいただけないでしょうか?」


こちらとしてはそんな大掛かりなことはしたくない。


「ならばSDカードだけをこちらからお送りするので、
ダウンロードだけお願いできませんか?

実は、前回その方法をディーラーへお願いして成功しているんです」


担当者
「その方法も以前は受け付けていました。
でも今回の更新からできないことになったんです……」

ここでメーカーに頼ることを断念した。
客観的に見て私のパソコンリテラシーは高くない。
でも、世の中にはもっと低い人も多いはずだ。


私でこんなに苦労しているのに、
そのような人はどうしているのだろう?


おそらく
「もうこのままでいいやっ!」

と諦めているのではないだろうか。

25万円もするナビを製造するメーカーとして、
そのような人を放置するのはどうなんだろう。
たとえ有料でもいいので、商品の発売と同時に救済策を用意しておいてほしい。


ちょっぴりモヤモヤがこみ上げつつ、
最後の手段としてディーラーへ相談の電話をすることにした。
ちょうどクルーズコントロールなどの不具合を直すリコールのようなこと(サービスキャンペーン)を行っていたのだ。



「サービスキャンペーンなんですけど、

今(コロナ)のタイミングで受け付けていますか?」


担当者
「やっていますよ。
いついらっしゃいますか?」


「実はもう一つお願いがあるんです。
去年もお願いしたナビの地図更新なんですけど、
今年もできなくて……。
もちろん料金は払いますからやってもらえませんか?」

担当者
「う~ん。

いいですよ。
でも時間がかかりますよね。
その間、お店で待っていますか?」



「コロナのこともありますし、できればそれは避けたいです。
それにもしかしたら、かなり時間がかかるかもしれないので、
1
日預かってもらうことはできますか?
私はどんなクルマでもいいので代車があれば、SDカードを渡してすぐに帰ります」


担当者
「代車はあります。
でも、遅いクルマですよ~」


そんなやり取りの翌朝、ディーラーへデリカD5を預けることになった。


さて、どうなることやら……。


つづく




★カーナビもタイヤも安い! カー用品売れ筋ランキングはコチラ!★



スポンサードリンク



椎名前太ホームページ 『あなたの心から納得する家』が簡単にわかる! http://www.zenta1.com/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。